カウンセリングオフィスうららは名古屋で心理カウンセリング、メンタルヘルス対策や心理学講座などをおこなっております

 

カウンセリングや心理療法を用いて、コミュニケーション能力や自己肯定感の向上、
心理的安定などをはかっていくためのプログラムを実施いたします。

どのような方を対象に、どんな目的で、どのように行なっていきたいと
お考えなのかご相談ください。下記の表は簡単な目安です。

内   容グループエンカウンター、アートセラピー(コラージュ療法など)、交流分析、傾聴演習(聴き方)、アサーティブ・トレーニング(伝え方)、SST(Social Skills Training:社会生活技能訓練)など
対   象援助を必要とする集団または個人
時   間1回あたり1時間〜2時間
回   数1回より(ご希望に合わせてプログラムを構成いたします。)
地   域東海3県(一部地域)を除く

導入事例
  実際の導入事例を参考までにご紹介させていただきます。
  (守秘義務がございますので具体的内容については触れておりません。ご了承ください。)
          
期 間目 的参加者
2007年10月〜コラージュ療法を用いて自己表現をし自己理解に役立てる。(処遇プログラム調査研究)施設来談親子他
1回2〜3名程度
2006年7月〜コラージュ療法を用いて、内面を表現することによる感情の発散、さらに、自己理解にもつなげる。
 ・集団によるコラージュ療法を月1回(2時間)。
 ・前半は作品作成、後半は作品紹介を分かち合う。
施設入所者
1回10名程度
2004年11月〜コラージュ療法を用いて、内面を表現することによる感情の発散、さらに、自己理解にもつなげる。
 ・集団によるコラージュ療法を週1回(2時間)。
 ・前半は作品作成、後半は作品紹介を分かち合う。
施設入所者
1回10名程度
2006年10月〜
   2007年3月
コラージュ療法を用いて自己表現をし自己理解に役立てる。(処遇プログラム調査研究)施設来談親子他
1回2〜3名程度
2005年10月〜
   2006年3月
コラージュ療法を用いて自己表現をし自己理解に役立てる。(処遇プログラム調査研究)施設来談親子他
1回2〜3名程度

 
2007年12月10日  ↑ページトップへ
 
 
心理援助プログラムスタッフを対象に
より効果的なプログラムの提供を第一の目的として
さらに、スタッフの全体的な質の向上を目指し実施しております。

率直な意見交換、対応の仕方、事例検討など参加者同士で分かち合い検討しております。

【次回の研修予定】未定

【今までの研修内容】
日 時主 な 内 容
142008年7月22日
11:00〜13:00
心理援助プログラムの現状と課題
132008年4月3日
14:00〜15:30
【SST】
SST導入に向けて他
122008年3月30日
10:00〜15:00
【SST】
某保護更生施設主催「SST講座」
  (講師:ルーテル学院大学大学院教授 前田ケイ先生)
1)ロールプレイ
2)効果的な実施について
3)指導体制について
112007年12月16日
(木)
15:30〜17:00
【コラージュ療法&SST】
1)コラージュ療法実施上の疑問点や対応方法
2)SST導入に向けて
102007年11月16日
10:00〜16:00
【SST】
某保護更生施設主催「SST導入講座」
  (講師:ルーテル学院大学大学院教授 前田ケイ先生)
1)講義
2)見て学ぶSSTビデオ
3)演習
2006年10月25日
13:00〜14:00
【コラージュ療法】
心理援助プログラムにおける疑問点
2006年3月22日
13:00〜14:00
【コラージュ療法】
集団援助において抵抗を示される方への対応
2005年10月31日
13:00〜14:00
【コラージュ療法】
通所プログラムガイダンス
2005年9月21日
13:00〜15:00
【コラージュ療法】
1)新スタッフ紹介
2)感想及び意見交換
3)事例検討
2005年8月24日
13:00〜15:00
【コラージュ療法】
1)導入にあたっての注意
2)実施方法
3)事例検討
2005年7月27日
13:00〜15:00
【コラージュ療法】
継続ケースMより変化と関連性と今後の対応についての検討
2005年6月22日
13:00〜15:00
【コラージュ療法】
様々なパターンの作品より対応を検討
2005年5月25日
13:00〜15:00
【コラージュ療法】
継続ケースTより変化と関連性と今後の対応についての検討
2005年4月27日
13:00〜15:00
【コラージュ療法】
1)ケースカンファレンスの進め方
2)心理援助プログラムの時間配分
3)様々なワークの紹介

 
2007年12月10日  ↑ページトップへ